:)★profile1 ~幼少期の私~

こんにちは~(^^)

 

おとといblogを開設し、FacebookやLINEで協力隊合格の報告とあわせてblogの告知も行ったところ、たくさんの人が「楽しみにしてるよ~!」と声を掛けて下さり、本当感謝感激です♡皆様ありがとうございます!

 

ってことで、いきなり更新しなくなっちゃだめだろうと、三日坊主寸前で更新をしております。笑

 

ちなみに、パソコンから見ると雰囲気全然違うから、お時間あればパソコンからも見てみてね。

 

トップバナー、非常にかっこつけてます!(笑)

 

さてさて最近、協力隊に行くことも決まり、任地も決まったので、スマホやらパソコンやら買い替えるために、家電量販店によく行きます。そこで、必ず「海外に行くので・・・」『どこにいくんですか?』「あーえっと、、ザンビアです、アフリカの」『アフリカ!?!?!?!?すごいですね!』って会話になります。いやいや、すごくないんですよ。(笑)そして続いて『なんで行こうと思ったんですか?』って、もうJICAに提出した応募書類体に貼り付けておこうか?っちくらい聞かれる。(笑)

 

まあ、でもアフリカなんぞに行く人ってどんなひとなんやろー

 

ってたしかに気になるやろうなーと。

私も先輩隊員がどんなひとなんだろうってめっちゃ気になってたし。

 

協力隊は学歴・前職関係なく挑戦できるのがいいところ・・・
だけどblogとかでよく見かけたのが、

 

「○○大学(むっちゃ頭いい所)で~~~」

「大学生の時国際学科で~~」

「国際ボランティアに関わっていて~」

「○年間○○(海外)に住んでて~~」

 

てな感じで、私のなかでは、もう

すっげ~~~~!!!!」

の連発なんですよ。

 

で、私なんですが、もう、本当、上記に当てはまらない、むしろ厄介かもしれない部類。(笑)

 

だから協力隊ってすごいハードルが

高かったんですよねー。

 

だけど実際は違う、、んだと思う。

なんたって私が合格したんやから。笑

 

頭がよかろーが、わるかろーが、

自ら動いてきたひとがなれる..気がする。

 

 

ってことで前ふりながくなりましたが、

Blogを読んでくださる皆さんが想像しやすいように、今日からまずは私がどんな人物だったか紹介していきます。

 

長くなりますが、よろしくお願いします。笑

 

 

 

1990年11月27日 大分市出身

現在福岡に住む25歳でございます。

協力出発のときには26歳かー。

帰国した頃には周り結婚しちょんのやろなー

 

2013~2016年福岡で某学校に勤めてましたが、

3年目教員として将来ビジョンを考えた際

 

<自分が成長するために途上国に住みたい> 

 

という考えが生まれ、勝手ながら退職させて頂きました。理解して下さった上司やメンバーには本当に感謝してます。

f:id:yukichi_JPN:20160823011824j:image

※初対面の方でこの写真でどこの学校かわかったひとがいればかなりの強者です。

 

 

退職してからは、協力隊で必要なTOEIC 受験のため(それまでTOEIC 一度も受けたことありませんでした)4月から5月までフィリピンのセブにあるSMEAGという語学学校に行きました。

f:id:yukichi_JPN:20160823011520j:image

 

2016年5月末から現在、福岡市博多にある外国人ゲストハウスで住み込みさせもらってます☆毎日外国人のルームシェアメンバーから新しい発見をもらって毎日楽しく暮らしてます(*^^*)

 

 

ここまで聞くと

「いや結局すごいことしてる人やん!!!」

ってすごく聞こえるかもしれんけど、

ここ一年はすごい協力隊に繋がるように動いてきたので。

 

問題はそれまでですよ!笑

 

すべて根拠のない自信と直感で生きてきました。

ここまで至ったことについてはまた後程。

 

 

あ、それと、周りからよく、

方言強すぎてなんて言ってるかわからん。

と言われます。

 

大分市なのでそんな田舎じゃないのに、方言が強めと言われるのはきっとじいちゃんばあちゃんの影響。

 

片方のじいちゃんとおじとおばなんてむっちゃ田舎で漁師と農家(?)しいたけ・米など作ってます。肉以外は自給自足。そんな生き方をしてるじいちゃんたちが私の中ですごい誇り!!!!

 

兄弟は、男兄弟がいそうだと

毎度言われますが、、実は一人っ子!


「1人っ子だからってなんだかんだ言われることがあるから、1人っ子って思わせないように育てる。だから甘やかしたり、何でもかんでも買ってあげないから。必要だと思わないと買わない。」

 

と母に言われたのは今でも覚えてます。

いつも何か欲しいときには必ず理由を考えてたww

 

あと、3つ上になかなかのヤンチャの姉的存在の方がいて(怒られそう)、その方と兄弟のように育ってきたのと、その方が男前にそして思い切った行動をしてくれたおかげで、私は割かし免疫がついた状態で過ごすことができ自由奔放に生きてこれました。(怒られそう2度目笑)

 

だけど、意外と女子な面があるらしく(悩んだらとことん悩むとか、手作りとかお花好きなところとか、恋愛をすると一途なところとか← よく友達にも意外って言われます。

 

だから調子乗って就活の面接で「私意外と女子力高いんです」ってプレゼンしたこともありました(笑) 結果、「うちは女子はいらない」って落とされました。ちーん。

 

 

 

 

:) 幼稚園の私

幼稚園は、大分市内で私立学校法人の幼稚園でした。入園の申し込みに並びどうやらおりこうちゃんのお嬢様に育つ予定だったらしい。

 
f:id:yukichi_JPN:20160823092641j:image

幼稚園の記憶ですが、これがほとんどなくって・・

 

唯一記憶あることと言えば、、

 

・お遊戯会で蝶々の役がしたいってずっと先生にも言ってたのに、肝心の役決めのとき休んでて、次の日行ったら<ハチ>の役になって黄色と黒の鬼のパンツみたいなのはかされてギャン泣きした。

・年長さんになったときに担任の先生がむっちゃキレて年中さんのクラスに入れられてギャン泣きした

・当時男の子が苦手すぎて幼少期ながら考えた結果、バスの隣に男の子が座りにきたら、変顔して近寄らないようにしてた。←なぜ

・バスの運転手のとーべーさん(苗字?笑)

 

って、なんか振り返ってみると、あんまり楽しくなさそう。(笑)

 

けど母曰く楽しそうに毎日行ってたらしい。結果おーらい。

 

 

 幼稚園だけで結構なネタになってしまった笑

 

話がながくてすみません(゜_゜)

 

またこっからたくさん今の私が創られるきっかけが盛りだくさん!!

 

また時間を見て紹介していくので

楽しみにしていてくださいね!!

 ゆきちマニアになってね♡←どうでもよい

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村