読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

:)★活動49日目② 日本人ダンサーごめさんと我が校長のオンライン対面☆

Mulibuwanji?(お元気ですか?)

 

ザンビアでなんちゃってPCインストラクターとして活動が始まりました、ゆきちです。(^0^)

 

さて、今日は、最近日本で世界と繋がるダンス教室を創られた中込孝則さん(以下ごめさん)とのお話!

 

結論から言うと、私とごめさん、ザンビアと日本の子どもたちをインターネットテレビ電話で繋いで交流させようと企んでます!✊

 

ごめさんとは、以前からblogを読んでくれている方は知っている内容になりますが(このblog半年も放置していた奴がよく言える)、日本にいるときに「ダンスで世界と日本を繋ぐ」という映像をyoutubeで見たことがあり、面白い活動をしている人がいるなーと思ったのがきっかけで、そこから私が協力隊に合格後、福岡に来られた際ご縁がありまして講演に参加したのが出逢いのきっかけ。

 

(▼講演聞いてなぜ交流に繋がった?詳しくは過去の記事▼)

yukichijpn-zmb.hatenadiary.com

 

 

ザンビアに来てから、先週テレビ電話でお話ししてお互い「こんなのしたいですねー」と盛り上がり、丁度約1週間が経ったところでした。

 

f:id:yukichi_JPN:20170516055101j:plain

 

 

今日、私はterm2(2学期)の打ち合わせ。

 

私の配属先ムオンバ初等学校(MoombaPrimarySchool)は、Grade1~Grade9年生まであり、日本の小1~中3まで在籍しています。

 

ちなみにPrimaryの次はSecondaryなのですが、SecondaryはGrade8~12年生です。ということは、PrimaryとSecondary被ってる学年あるやーんってなわけで、MoombaPrimary(G1~9)の目の前にはMoombaSecondary(G8~12)があり、G8~9どっちに通っても良いとのこと。(学費は違うとは思いますが、カリキュラムは同じです・・)この辺についてはこれからの活動で違いを見分けていけたらと思います。

 

そんで話は戻りまして、私のJICAボランティアとしての要請内容は「Grade9の情報処理の授業補助と、教員の養成」と聞いており、結構協力隊あるあるなのが「要請内容と実際の現場全く違った!」ということなのですが、私の学校はそんなに大差なくむしろ嬉しい方向に変わってたことのほうが多いのです。

 

(▼PC7台が1年半で30台に。詳しくは昨日のblog▼)

yukichijpn-zmb.hatenadiary.com

 

ありがたき幸せ!

 

そして、この情報処理の授業、1クラス1週間のうち2回やってきます。1つは理論40分授業。もう一つは実技80分授業。

 

内容としては、シラバスに則って授業を組み立てるのですが、理論はハードウェア・ソフトウェア・マルチメディア・インターネットなど、日本の商業高校が勉強するくらいのレベル。

実技はWord・Excelが必須で、これにプラスPowerpointAccess・Publisherもして下さいね!って感じなんですが・・Publisherとか初めて耳にするくらい触ったことなく、かなり不安だけど、「大丈夫!ザンビアは情報処理を習ったことない僕たちが教員をしてるんだから!一緒に頑張ろう!」とのこと。笑(Publisher、チラっと見た感じ、ポスターや名刺などのデザイン重視のものを作成するのに使うソフトっぽい。)

 

2学期の理論の始まりは『マルチメディアとインターネットについて』という章からとのこと。

 

え、これってさ、座学でインターネットについて学ぶやろ?ほんで、インターネットって世界中と繋がれんだぞーって。なら調べてみようかーってGoogle検索

 

・・って流れは、毎年やることらしいのです。

 

 

"これは、新たな風を吹き入れるタイミングじゃないか...!?"

 

 

と思い、ごめさんとのプロジェクトをまずは担当教員に提案してみると、「いいね!楽しそう!」と。

 

そして、ここらの州じゃやり手のビジネスマンとも言われている(らしい)校長Mr.Kashetaにも提案。

 

「日本にいる友人が日本とアフリカの子どもたちを繋ぐスクールを持っていて、ぜひMoombaPrimaryと日本のこどもたちを繋ぎたいと思ってて、まずは簡単な会話。いずれダンスの見せ合いなんかもできたらいいなって思ってるんだけど・・」

 

と。

 

すると、

 

『いいね!ところで、その彼と私もテレビ電話で会話できるのか!?

 

と、めっちゃ興味津々!

 

ってなわけで、ごめさんに連絡してみました。

 

ザンビアタイム16:00・・ということは、日本は23:00・・。

 

時差的に厳しかろーなーって思いつつメッセンジャー飛ばしてみたら・・時差があるにもかかわらず、オンライン~~~~~!笑

 (今回はFacebookのビデオ電話を使用しました!)

 

校長先生とごめさん話す~~~~~~。

ごめさんプロジェクトについて話す~~~~。

校長先生快くおっけ~~~~~!🙆🙆🙆

 

なんじゃこのとんとん拍子!笑

(しかも、めっちゃ早口でめっちゃアフリカなまりなうちの校長と普通に会話できちゃうごめさんはやはりさすがアフリカ慣れしてるなと思った。笑)

 

そして校長先生、昔JICAの教育研修で金沢行ったことあるもんで、その自慢を今回も!(私ももう3回くらい聞いた!)そしたら「Have you been to Japan!?」ってごめさんがいい反応してくれるもんやから校長先生めっちゃご満悦!笑

 

そして、締めはどや顔で

 

f:id:yukichi_JPN:20170516055104j:plain

「ヨロシクオネガイシマァ~~~~ス!」

 

と日本語。笑

 

 

激かわかよ・・♡

 

 

ってなわけで、学校の承諾は頂いたので、あとはこっちの授業の進捗次第で日本と繋げれそうです(^0^)

 

 

なにこの、わっくわくな感じ!♡

 

 

日本とザンビアの子どもたちの人生に新しい刺激を与えるチャンス早くも到来しそう!♥️楽しみです!!!!!!

 

 

テレビ電話切ったあと、校長先生にお礼と握手をしにいくと、校長先生、

 

YukiにもMr.Gomeにもしたいことがあったらすぐに言ってくれ、HelpできることはHelpするから。いろんな経験をこの2年間でぜひしていこう!』

 

って・・ああ、なんていい学校に恵まれたんだろうか。(T_T)

 

例え、自分の持つ科目が180人中1人しか合格してない現状があったとしても・・そんなんどうだっていい!!!!!この学校の生徒と先生のためになりたい!!!!(←8割くらい不安)

 

 

 

病み上がりやけんこそ、しんけん嬉しすぎた、そんな幸せはっぴー♡な1日でしたとさ。

 

ちなみに、ごめさんつい最近NHKに出演したことも影響してか、いろんな学校から中継授業の問い合わせ殺到中らしく!海外で中継してくれる学校募集中みたいなので、協力隊同期のみんなや、まだ任期残ってる方、何かしらで海外の学校にいらっしゃる方で『興味ある!』って方、ぜひごめさんへ連絡(もしくは私も繋ぎますよ)お願いします★

 

(逆に日本の方もアフリカの小学生と何か企画したいという方いれば、ゆきちまでご連絡ください★インターネットを繋ぐものから、お手紙などなど、一緒に考えましょう!!)

 

 

 

 

 

では最後に、4人での記念写真を☆ 

f:id:yukichi_JPN:20170516055201j:plain

 先生たち黒すぎて顔見えない・・。

 

 (※そういや電話した初日とこの日偶然服同じやん。そして、毎度急な電話というのもありすっぴん・・ごめんなさい、ごめさん笑)

 

 

 

 

 

協力隊のblogを他にも見てみたいひとはポチっと♡↓

 にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村